子どもを預ける方法は様々です。自分にあった制度を利用して上手に乗り切りましょう!!神奈川区内の保育園・幼稚園一覧も掲載しています。


保育所など幼稚園などの認定、申請・利用申請については、こちら

→横浜市ホームページの「子ども・子育て支援新制度」ページ

保護者が働いていたり、病気などのために家庭で保育できないお子さんを、保護者に代って保育する児童福祉法に基く児童福祉施設です。申し込みは区の福祉保健センターで常時受付をしています。

横浜市が独自に保育料・保育環境・保育時間等に一定の基準を設け、それらの基準を満たす施設を「横浜保育室」として認定し、横浜市が助成している施設のことです。

平成27年4月から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、市町村の認可事業(地域型保育事業)の1つとして新たに作られた事業です。0~2歳児を対象とした、定員6~19人の比較的小さな施設であり、規模の特性を生かしたきめ細かな保育を実施しています。

保護者が就労や病気などで保育ができない場合、そのお子さまを家庭的保育者(家庭保育福祉員)が保護者に代わって保育をします。0~2歳児を対象とした、定員3~5人の家庭的な雰囲気の中できめ細かな保育を実施しています。

→横浜市ホームページの「家庭的保育事業」ページ

学校教育法によって規定されている学校です。対象児は満3歳から小学校就学前の幼児。4時間を標準としているが必要に応じて預かり保育をしている施設もあります。申込み、問合せは直接幼稚園までご相談下さい。

働きながら幼稚園に通わせたい、保育所以外にも預けられるところがないか探しているという保護者の方の要望に応え、地域の実情に応じて、正規の教育時間終了後も引き続き在園児を夕方まで預かる幼稚園があります。

一時保育とは、保護者等のパート就労や疾病、入院等により一時的に家庭での保育が困難となる場合や、 保護者の育児不安の解消を図り、負担を軽減するために児童をお預かり(保育)する制度です。

医療機関併設型病児保育室で、看護師・保育士が病初期の段階から病気のお子さまを お預かりします。 お子さんを、その養育者が仕事の都合や事故、出産、冠婚葬祭など社会的にやむをえない事情で 家庭での育児が困難な期間、一時的に保育する事業です。
利用には事前登録・予約などが必要です。

→横浜市ホームページの「病児保育」ページ

病後児保育は、病気の回復期にあるお子さまを、専用の保育室で看護師等の専門スタッフがお預かりするサービスです。
利用には事前登録・予約などが必要です。

→横浜市ホームページの「病後児保育」ページ

保護者の病気やお仕事などで、緊急にお子さんを預けなければならなくなった時、保育所で一時的にお預かりします。
夜間・宿泊も含め、24時間365日対応します。

→横浜市ホームページの「24時間型緊急一時保育」ページ

お仕事の都合などにより、日曜や祝日、年末年始にご家庭で小学校就学前のお子さまの保育ができないとき、保育所でお子さまをお預かりする「休日保育」を実施しています。

→横浜市ホームページの「休日保育」ページ

横浜子育てサポートシステム事業は、地域の中で子どもを預け、預かりあい、子育てをサポートしていく制度です。事前の登録が必要ですので事務局にご連絡ください

公的な制度だけではなく、ベビーシッターなども上手に利用してみてはいかがでしょう。
料金やサービス内容については会社により異なりますので、ホームページをご覧の上、お問合せください。

→公益法人 全国保育サービス協会ホームページ

→認定NPO法人フローレンス

→ベビーシッター上手な利用法

→AsMamaホームページ

→株式会社ソレイユキッズクラブホームページ

すべての子どもたちにとって安全で快適な放課後の居場所づくりを推進しています。
放課後児童クラブ(学童保育)、はまっ子ふれあいスクール、放課後キッズクラブ

区役所窓口や電話等で、保育を希望される保護者の相談に応じ、個別のニーズに合った保育サービスの情報提供を行います。

→横浜市ホームページの「保育コンシェルジュ」ページ